採用が経営を変えた瞬間 代表取締役 永吉 健一氏

金融イノベーションの
「ど真ん中」にいたい。

iBankマーケティング株式会社 / 代表取締役 永吉 健一

Vol.4

iBankマーケティング株式会社
代表取締役 永吉 健一

1972年生まれ。九州大学 法学部卒業後、福岡銀行に入行。 経営企画部門に在籍し、地域金融機関の経営統合に向けた検討初期段階から、2007年のふくおかフィナンシャルグループ、その後のPMI(経営統合)業務に注力。その後10年間、企業ブランド戦略立案や地方創生プロジェクトに関わり、2016年4月には自らが企画し、iBankマーケティングを設立。代表取締役に就任。“自分ではできない”が、サッカーをこよなく愛する。

更新日:2018年2月21日

地方銀行が起こす、金融イノベーション。

ブロックチェーンをはじめとするフィンテックの台頭により、大きく形を変えようとしている金融業界。その中で、ふくおかフィナンシャルグループが推進する『iBank』事業は、既存の銀行サービスにとらわれない金融プラットフォームとして、いま、注目を集めている。事業を主導するのはiBankマーケティング株式会社。同社が中核プロダクトとして2016年7月にリリースしたアプリ「Wallet+(ウォレットプラス)」はリリースから1年半で32万ダウンロードを突破(※1)。世界最大のフィンテック系イベント「FINOVATE FALL 2016(※2)」では日本企業として初めてプレゼンテーションに登壇するなど、飛躍的な成長を続けている。今回は、その“仕掛け人”である永吉社長にiBankマーケティング設立の経緯や今後の展望などを伺った。

(※1)32万ダウンロード突破/2018年1月現在
(※2)FINOVATE FALL/2007年にNYでスタートした、金融分野のイノベーションに特化した世界最大規模のカンファレンス。年3~4回、世界各地で開催されている。

- まず、永吉社長のご経歴を教えてください。

生まれは名古屋ですが、親が転勤族だったので大阪に移り住み、中学2年生から福岡にいます。僕が大学に入る頃には、親はまた転勤していましたね。出身地を聞かれると、説明するのが長くなるのでいつも「福岡」と答えるようにしています(笑)。

大学時代は、すっかり遊びほうけていて、就職活動には完全に乗り遅れましたね。銀行は「絶対に入りたくない」ぐらいに思っていましたが、気が付いたら銀行からしか内定がもらえず(笑)、入行することになりました。それから20年以上、銀行一筋でいろんな仕事をさせてもらってきました。

- iBankマーケティングの設立について聞かせてください。

自分で企画書を作って経営陣にプレゼンしました。企画を考える段階から既に「これは銀行だけで出来るプロジェクトではない」と思っていて、最初から銀行の外に事業会社を作り、銀行以外と協力してサービスを磨いていくことを構想していました。一方で、「外に会社を作ると人事や総務も別で抱えなくてはいけないし、コストが余計にかかってしまうから、銀行の中で出来ないのか」、という意見もありました。結局その議論は会社を作る直前まで続きましたね。

事業計画としては、銀行以外の業態の企業とも、別の金融機関とも組んでサービスを大きくしていくことをイメージしていました。そうする上で、「福岡銀行が作ったサービス」となると、非常に手を組みにくい。ですから、外に切り出して“アイバンク”としました。周囲からは冗談交じりに、なんで“Fバンク”じゃないんだと言われましたけどね(笑)。

思えば、銀行にいるときにも、“部下がいない企画部”にいるような環境でした。企画を考えて、実行する段階になると、周囲に「じゃあ、お任せします」という感じ。正直、初めはアイバンクもそのひとつという感覚がありましたが、今回の企画はあまりに“銀行業務の延長線”ではなかったので、「誰がやるんだ」という話になり…であれば自分だな、と(笑)。「銀行に入った自分がこんな仕事をしているなんて」という不思議な思いもゼロではありませんが、それよりは、「やっと自分がイメージした仕事になってきた」という感覚が強いかもしれないですね。

- これからのiBank、どんな未来を見ていますか?

ずばり、「マルチバンク化」の強化ですね。iBankでは福岡銀行を始め、熊本銀行、親和銀行と連携して、地銀が共同で事業参画できるプラットフォームを構築してきました。そして今回、沖縄銀行も参画していただくことになっています。この連携には大きなポイントがあって、それが「オープンAPI」の活用です。これまでは銀行の基幹系のシステムと接続しないとサービスが実現できなかったんですが、沖縄銀行が構築しているオープンAPIを活用することで、スピーディーに、かつ低コストでサービス実装が可能になったんです。 最近のニュースでご存知の方も多いかもしれませんが、改正銀行法によって、地方銀行は2018年の3月までにAPIの方針を発表しないといけなくなりました。これは私たちにとっては追い風と言えるでしょうね。

iBank事業は2年ぐらい前からいろんな地方銀行さんに案内してきたんですが、みなさんの反応としては、「やりたいことは全てここに詰まっている」と言っていただけるものの、完全に理解してもらえていない感じもあったんです。いまはあれから2年経って、世の中のとらえ方も変わってきた。一気に風向きが変わりそうな感じがしています。

フィンテックのベンチャーとして銀行の外に事業ドメインを置いていますが、もともとの思想は、どうやったらもっと既存の金融サービスが便利になるか、既存の銀行サービスが使ってもらえるようになるか、というところです。エンドユーザーの方に向けたセミナーで「フィンテックをご存知か」と聞くと、ほとんどの方は「知らない」と言います。でも、フィンテックは知らないうちに身近なものになっている。ある日突然、ガラッと常識が変わるんだと思います。iBankマーケティングは、その新しい常識の“ど真ん中”にいたいと思っています。

編集後記

テクノロジーの進化によって新しい価値がうまれる一方で、「人の仕事がなくなる」といったネガティブな記事などを目にすることも増えてきました。それはテクノロジーの進化によって出てくる可能性がよくイメージできないからなのだと思います。フィンテックについてもまだ多くの人が「知らない」「よく分からない」と答えるのが実情です。ただ、そう遠くない将来には、もっと私たちの生活に浸透していくことと思います。そうしたときに、フィンテックによって何ができるようになるのか、普段の生活がどう変化していくのかが具体的にイメージできるようになると、爆発的に広がっていくのだろうと感じました。iBankマーケティングが仕掛ける新たな金融サービスが“当たり前”になる時代が垣間見え、ワクワクするような取材となりました。

文:リージョナルスタイル認定コンサルタント 植田 将嗣

PAGE TOP

求人検索
地域で探す
北九州市 福岡市 大牟田市 久留米市 直方市 飯塚市 田川市 柳川市 八女市 筑後市 大川市 行橋市 豊前市 中間市 小郡市 筑紫野市 春日市 大野城市 宗像市 太宰府市 古賀市 福津市 うきは市 宮若市 嘉麻市 朝倉市 みやま市 糸島市 筑後郡 糟屋郡 遠賀郡 鞍手郡 嘉穂郡 朝倉郡 三井郡 三潴郡 八女郡 田川郡 京都郡 築上郡
職種で探す
営業系 事務・管理・企画系 サービス、販売、運輸系 Web・クリエイティブ系 専門職(コンサルタント、金融、不動産) ITエンジニア 電気、電子、機械技術者 素材、食品、医薬品技術者 建築、土木技術者 教育、医療、福祉 その他
業種で探す
IT・通信 金融・保険 メーカー(電気・電子・機械系) メーカー(素材・消費財・医薬・食品・その他) 商社(電気・電子・機械系) 商社(総合商社・素材・消費財・医薬・食品系) 流通・小売・サービス 専門コンサル・ビジネスサービス 広告・出版・印刷・マスコミ 建設・土木・不動産 その他
注目キーワードで探す
上場企業 トップシェア グローバル 管理職 マネージャー スペシャリスト 管理部門 M&A 30代 【キーワードを入力】
相談会情報を探す