リージョナルHERO

転職成功者インタビュー

リージョナルキャリア福岡で転職した方々に体験談をお聞きしました。

私生活の充実だけでなく、キャリアの可能性を広げた地元成長企業へのUターン転職。

株式会社西部技研
矢野祐司さん(仮名・生産技術職) 30歳

転職回数
0回
転職期間
エントリーから内定まで84日間

地元福岡の大学院を卒業後、東証一部上場の大手メーカーで航空機関連の生産技術職として関東で働いていた矢野さん。「いつかは地元に戻りたい」という想いを抱いていた矢野さんの背中を押したのは、祖父が亡くなったことだった。「仕事が忙しかったこともあり、お見舞いに行くこともできなかった」という経験から、「何のために働くのか」「どんなキャリアを歩むべきか」を真剣に考えるようになったという。自分が大切にすべき価値観を整理した結果、入社を決めたのは福岡県に本社を置く特殊空調機メーカーだった。矢野さんがUターン転職で得られたものとは。現在の暮らしや仕事、心境について伺った。(※本記事の内容は、2018年10月取材時点の情報に基づき構成しています)

転職前

業種
大手総合メーカー(東証一部上場)
職種
生産技術
業務内容
表面処理、機械加工、接合、板金、熱処理、検査の組み合わせによる工程設計業務

転職後

業種
特殊空調機器メーカー
職種
開発部 生産技術
業務内容
自社生産設備・機械の設計業務

敷かれたレールの上ではなく、自分で道を切り拓いていきたい。

現在のお仕事はどんな内容ですか?

福岡県古賀市に本社を置く特殊空調機メーカーで自社工場内機械設備の設計に携わっています。当社が製造販売する特殊空調機は、大気中に存在する熱や水分、二酸化炭素、酸素、人体に有害な揮発性有機化合物(VOC)などを取り除く製品なのですが、そのコアとなる『ハニカムローター』という特殊なモジュールを製造するための機械設備を作っています。ハニカムローターは世の中にある既成の機械では製造が難しいため、製造するための機械自体を自社で開発製造しています。まだ入社して間もないので、周辺の要素部品の改善や強度計算などからスタートしています。大学では材料力学を専攻していたので、今は大学で習ったことを復習しているような感じです。

入社前のご経歴を教えてください。

福岡県出身で、九州大学大学院を修了後、東証一部上場の大手メーカーに就職しました。小さいころから航空機に関わる仕事をしたいとずっと思っていたんです。そこで、古くから航空関連事業に取り組んでいるその会社を就職先に選びました。入社してからは、一貫して生産技術者として工程設計業務に携わりました。航空関連の部品は、マニュアルに厳格に沿った作業が求められるのですが、必ずしもそれが生産性の高い方法とは限りません。そこで作業性向上などを考え、海外のメーカーにマニュアル改訂を働きかけるといった業務も担っていました。

転職のきっかけは?

もともと、いずれは地元に戻りたいという気持ちはありましたが、きっかけと言えば祖父が亡くなったことは大きかったです。祖父が体調を崩して入院をしたことは聞いていたのですが、前職は本当に忙しくて休日出勤も普通だったのでなかなかお見舞いに行けなかったんです。お盆休みが近づいていたので、その時にお見舞いに行こうと思っていたのですが、祖父はその直前に亡くなってしまいました。忙しさを言い訳にしていたことを悔やみましたし、何のために地元を離れて働いているんだろう、と考えるきっかけになりました。その中で、自分自身の今後のキャリアについても真剣に考えるようになりました。大手企業で安定はしているでしょうが、その会社にいれば、基本的には同じ事業部でキャリアアップしていくことになります。不満があるわけではありませんが、ある程度自分の将来が見える。いわゆる、レールの上をという感じです。「果たしてそれでいいのだろうか?」と、いろいろ考え抜いた結果、地元福岡にUターンするという結論に至りました。

転職活動はどのように進めましたか?

最初は大手転職エージェント数社に登録したのですが、登録直後からすごい数のメールが入るようになりました。求人だけでなくメルマガ的なものも多く、とにかくメールの数が多くて見きれなかったのと、求人についても自分でも調べればわかるような表面的な情報が多い印象でした。そこで、規模ではなく福岡に密着している転職エージェントにもお願いしてみようと考え、探した中で出てきた一社がリージョナルキャリア福岡でした。ちょうど東京で個別相談会の予定があったので、それに参加することにしました。それまでにも他社の面談を受けていましたし、個別相談会の日にも別で2社の面談を受けたのですが、明らかにリージョナルキャリアの面談は他社とは違いました。他のところは、求人ありきでその求人を押し込んでくるというか、グイグイ売り込みにくる感じで、中には話をする前から求人を用意しているということもありました。一方、リージョナルキャリアはこれまでの経緯やこれからのこと、その時々での意思決定の理由についてなど、まずしっかり自分のことを理解しようとしてくれている印象がありました。その上で自分に合う会社を厳選して提案してくれ、その中の一社が今回転職を決めた西部技研です。

今の会社に決めた理由は?

面談で話をする中で、「自分が何を求めどうなっていきたいか」が明確になっていきました。私は何か一つのスペシャリストというよりは、幅広いことに対応ができて誰からも頼られ、どこでも活躍できるジェネラリストになりたいと思いました。それが実現できる会社はどんな会社かを考え、出てきたキーワードが「福岡発」「成長企業」「大手ではなく中小」「独自性」「開発からメンテナンスまで一貫体制」でした。そして、これらに合致していたのが現職の西部技研でした。

急成長する事業。その中で様々な経験を積んでいきたい。

転職していかがですか?

前職は工程設計業務でしたが、現職では機械設備の設計に携わっています。設計の経験はゼロに等しいため日々勉強ですね。それでも大学時代に習ったことが活かせている実感もあり嬉しいです。「あの時習ったのはこういうことだったのか」、ということもあり学生時代に学んだことが今に繋がった感じですね。自分が思い描いている「幅広さ」にほんの少しだけ近づいたと感じています(笑)。

転職して良かったと思うことは?

やはり、自分が思い描いている「幅広さ」を身に着けられていると実感できている点です。会社も急成長していますし、人材が不足している面もありますので、設計だけでなく見積りを作ったり、発注をしたり、工場で組み立てを行ったり、試運転をしたりいろいろなことを既に経験できています。また仕事ではありませんが、先日両親に「顔つきが変わった」と言われました。前職の時も長期休暇の時には地元に帰省をしていましたが、その時の表情はしかめっ面というか少し険しい表情のことが多かったようです。自分では全くそう思っていなかったのですけど。今はそんなことはないようで安心をしてくれていました。

困っていることや課題はありますか?

困っていることはありませんが、やはり一日も早く戦力になりたいですし、中途入社ですので早く皆さんに追いつかないといけないと思っています。また、前職とは仕事内容も違いますが、当然会社のカルチャーや考え方なども違います。どの会社にも良い意味でその会社のクセみたいなものがあると思いますが、それに早く慣れるために色んな人と積極的にコミュニケーションをとっていくことが大事だと感じています。

生活面の変化はありましたか?

とにかく自分の時間がとても増えました。会社も早くから働き方改革に着手していますし、働いている一人一人も生産性・時間への意識が高いと感じています。当然部署にもよりますが、本当にみなさん帰るのが早く、ダラダラ仕事はせず、ほぼ定時で帰っている印象です。前職では、平日は日付が変わるぐらいまで働いたり、休日出勤も当たり前だったので、本当に劇的に変わりました。もともと本を読むのが好きなのですが、買ったまま読めずにそのままになっている本が沢山あったんです。それらの本は全部読み終えました。休日は映画を見に行ったり、海も近いですから、釣りをしたりゴルフの練習をしたりしています。また実家まで車で1時間程度なのでドライブがてら食事を食べに帰ることもあります。週末は父親がお酒を買って待ってくれています(笑)。

転職を考えている人にアドバイスをお願いします。

何のために転職をするのか、転職の目的をはっきりさせて活動することが大事だと思います。全ての希望を同時に叶えることは難しいので、いろいろある中でも譲れないところ、曲げてはいけないところはっきりさせて活動すること。それに拘ることで思い通りにいかないこともあるかもしれませんが、それでもそれを貫き通すことが大切だと思います。

担当コンサルタントから

株式会社ライフサイズ 
瀬川 泰明

「まずしっかり自分のことを理解しようとしてくれている印象がありました」とのことですが、そのように思っていただけてとても有り難いです。ただ、実は純粋に矢野さんと話をするのがとても楽しかったというのが本当のところです(笑)。矢野さんはとにかく話し上手で聞き上手な方です。色々な事柄や気持ちを分かりやい言葉で伝えてくれます。また、良い意味で拘りが強かったり多趣味だったりと話が尽きません。福岡空港から西部技研までの道中や、面接後にうどんを食べながら仕事やキャリアのこと以外にも、海外旅行のことやご家族のこと、釣りや家電のことなど色々な話をしました。色々な話をする中で感じたのは、矢野さんのコミュニケーション能力の高さと、新しいことへの好奇心の強さです。拘って一つのことを突き詰めていく職人的なところもありつつ、それだけではなく色々やりたい、できるようになりたいという気持ちがとても強い。これから西部技研で色々な経験を積み、その先に矢野さんがどのようになっていかれるのかとても楽しみです!

関連情報

求人情報

TOPインタビュー

転職成功者インタビュー一覧

ページトップへ戻る