転職成功者インタビュー

株式会社ゼンリン
本田豊さん(仮名・研究開発) 60歳

定年後は家族を第一に考えたいとUターン。経験が活きる理想の会社と出会えた。

山口県出身の本田さんは、大学院を卒業後、大手電機メーカーに研究職として入社。以来、遠く離れた関東地方で働くとともに、生活の基盤を築いてきた。しかし、定年を迎えるにあたり故郷へのUターンを決意。現在は奥様の実家に戻り、北九州市にある株式会社ゼンリンに勤務している。これまでの経験を存分に活かせる今の職場は期待通りだったと満足そうに語る本田さんに、Uターンまでの経緯や現在の生活についてうかがった。(※本記事の内容は、2019年7月取材時点の情報に基づき構成しています)

転職回数
0回
転職期間
エントリーから内定まで90日間

転職前

業種
電機メーカー
職種
研究開発
業務内容
大型計算機、カーナビ、自動運転システムの開発

転職後

業種
情報・ソフトウェア
職種
研究開発
業務内容
デジタル地図に関する先行開発業務

公募していなかった志望企業にコンサルタントがコンタクトを取ってくれた。

現在のお仕事はどんな内容ですか?

地図情報を提供するゼンリンの研究開発室で、カーナビや自動運転などに利用されるデジタル地図の開発に携わっています。いま取り組んでいるのは自動運転向けの地図データです。近年は様々な自動車メーカーが自動運転システムの開発に力を入れていますが、その実現には高精度の地図データが不可欠です。地図の場合、道路標識や白線が変更されたり、新しい道路が建設されたりと、変更が頻繁です。そうした変化をタイムリーかつ正確に反映しなければ、自動運転に貢献できるデータとはなり得ません。そのためのシステム開発にあたっているところです。

入社前のご経歴を教えてください。

大学院を卒業後、茨城県にある大手電機メーカーの研究所へ入社しました。担当していたのは、主に大型計算機やカーナビの開発です。その後、自動運転システムの開発に携わりたいという思いから、自動車機器を専門に手掛ける系列のグループ会社へ移り、4年ほど勤務しました。

転職のきっかけは?

転機になったのは、58歳の時に参加した会社主催のライフプランセミナーです。定年を控えた社員を対象にした研修で、退職後の人生設計について考えるという内容でしたが、そこで初めて60歳からの人生を冷静に考えるようになりました。その時、「これまでは仕事優先で過ごしてきた。これからは家族を第一に考えよう」と思ったのです。実は私も妻も山口出身で、私の母親も妻の母親も故郷で一人暮らし。共に高齢なので、私も妻も案じていました。そこで定年を機に故郷の山口に戻り、お互い母親の面倒を見ようと考えるようになりました。

転職活動はどのように進めましたか?

セミナー受講後、しばらくして活動を始めました。まず訪ねたのは山口県が運営するUターン希望者向けの相談窓口です。ただ、私がこれまで経験してきた情報通信系の知識を活かそうとしても、山口ではそういった仕事の数が限られてしまいます。そこでもう少し範囲を広げようと、北九州市の窓口にも相談に行きました。一方で大手転職サイトにも登録しましたが、届くのは東京・大阪勤務の求人情報ばかり。地方に視野を向けた時、希望にマッチした情報を入手するのはこれほど大変なのかともどかしさを感じていました。その頃に、北九州市の窓口の方から「地域に特化した転職支援サービスがある」と教えてもらいました。それがリージョナルキャリアで、すぐに登録しました。

今の会社に決めたポイントは?

前職でカーナビや自動運転システムの開発に携わった経験から、ゼンリンのことは当然知っていましたし、仕事上の付き合いもありました。希望勤務地を北九州にまで広げたとき、転職先として一番に頭に浮かんだのは、本社を北九州に置くゼンリンです。でも、60歳という年齢もあり、「難しいだろうな」と半ば諦めていました。リージョナルキャリアの中島さんとの面談で「ゼンリン」の社名を挙げたときも、一応希望として伝えておこうと思っただけで、期待したわけではありません。ところが、中島さんは私の職歴を携えてゼンリンに直接コンタクトをとってくれたのです。そこでゼンリンからのオファーを頂き、文句なくお受けしました。正直、これほど希望通りに話が進むとは思ってもいませんでした。

山口で家族と暮らしながら、自動運転に向けた最先端の開発に携われる。

転職していかがでしたか?

注目度の高い自動運転関連の分野ですし、若いスタッフも多いので、職場はいつも活気にあふれています。地図データについては私も学んでいる最中ですが、これまで身に付けてきた開発の進め方やプロジェクト管理の手法といったノウハウは、ここでも活かせそうです。一緒に開発に取り組む中で、若い人たちに伝えていけたらいいなと思っています。

生活面での変化はいかがですか?

今は電車で1時間かけて通勤しています。地方にしては遠距離ですが、もともと電車に揺られるのが好きなので苦にはなりません。中学・高校時代の同級生との付き合いも復活して、飲み会に誘われたり、ゴルフに行ったりとプライベートの楽しみも増えました。長く地元を離れていましたが、会えばすぐに昔の関係性に戻れる。「やっぱり地元の友人っていいな」と実感しています。

困っていることや課題はありますか?

とくに困っていることはありませんが、2人の子どもには別の思いがあるかもしれません。彼らにとっての“故郷”は、茨城の家です。既に就職して茨城県外で働いているので、お盆や正月に茨城に戻ってくる程度でしたが、そういう機会で地元の友だちと会うことを子どもらも楽しみにしていたはずですから。私自身が今、旧友に囲まれることの大切さを実感しているだけに、子どもたちには申し訳なかったと思います。

転職してよかったと思うことは?

今は山口県の妻の実家で暮らしています。義母も1人で不安だったのでしょう、同居をとても喜んでくれています。また、私の母親が住む家にも近いので、頻繁に顔を出せますし、母も私が帰ってきた事を喜んでくれています。それが一番うれしいですね。仕事面で言えば、これまで私が培ってきた経験を次の世代に伝える場を得られたことです。

転職を考えている人にアドバイスをお願いします。

私は58歳の時に参加した研修で、「定年後の人生をどう生きるのか」を考えるようになりました。するといくつかの選択肢が見えてきたのです。30代~40代の人なら、選択肢はもっと広がるでしょう。若いうちに一度、長い目で自分の人生を見つめ直してみるといいかもしれません。また、地方への転職を考えている人は地域密着でサービスを展開しているエージェントを活用したほうが良いですよ。地域に特化した情報を豊富に持っていますから、自分の理想とする選択をするためには、そうしたエージェントに力を借りるべきだと思います。

担当コンサルタントから

コンサルタント 
中島 純一

本田さんは2018年7月にエントリーされ、面談の機会を頂きました。紳士的な立ち振る舞いと仕事への熱い想いに感銘を受けたことを鮮明に覚えています。「今後もエンジニアとして世の中のためになるモノを創っていきたい」その年齢を感じさせない本田さんの姿に、何としてもお力になりたいと思い、面談時に名前の挙がったゼンリン社にすぐにコンタクトを取りました。ゼンリン社も本田さんに高い関心を持たれ、山口県からの通勤などにご配慮頂けたため、スムーズに選考が進みました。先日半年ぶりにお会いしましたが、「これまでの開発プロジェクト経験を活かせる環境なので楽しく仕事ができている」「優秀な若手が多くてたくさんの刺激を受けている、私も培ったスキルやノウハウを惜しみなく伝えていきたい」と以前にも増して熱く話される姿に、とても嬉しかったですし、大いに刺激を頂きました。

転職成功者インタビュー一覧

ページトップへ戻る