地域情報ブログ

その他2022.11.27

【福岡散策ルポ】うどん・そば・饅頭・博多山笠発祥の地、「承天寺」をぶらり

リージョナルキャリア福岡のコンサルタント、植田です。今回も福岡の街中から散策ルポをお届けしたいと思います。

博多口を出て大博通りを祇園あたりまで歩くと、『承天寺』という禅寺があります。初めて行ったのですが、見どころ満載でとてもいいところでしたので、浅知恵ですがご紹介したいと思います。

承天寺の門.png
承天寺の説明.png
山笠発祥の地.png

承天寺は1242年に祇園山笠の創始者といわれる臨済宗の僧、聖一国師(しょういちこくし)によって開山されました。

門をくぐるときれいな紅葉が出迎えてくれます。

承天寺の門を入ったところ.png

右手には鐘楼、左奥を少し進むとお堂が見えてきます。

承天寺の鐘楼.png
承天寺のお堂.png

お堂のそばには古い錨が。昔はこれを沈めて船を固定していたようです。また、お堂の横には山笠の綺麗な切り絵が飾ってあります。

承天寺の古い錨.png
承天寺の山笠の切り絵.png

お堂の先を歩くと、承天寺通りを横切り、3つの碑(いしぶみ)が並ぶ場所へ。それぞれ『饂飩蕎麦発祥之地』、『御饅頭所』、『満田弥三右衛門の碑』と刻まれています。

承天寺の碑 (1).png
承天寺の碑 (2).png
承天寺の碑 (3).png
承天寺の碑 (4).png

説明文にはそれぞれ以下のように書かれています。

饂飩蕎麦発祥之地の碑.png

饂飩・蕎麦発祥之地の碑

仁治2年(1241年)、中国の宋より帰国した聖一国師は、羹、饅、麺の製法とともに、製粉技術も日本に持ち帰りました。羹は羊羹、饅は饅頭、麺は饂飩・蕎麦等を指しますが、聖一国師により伝えられた製法・製粉技術のおかげで、日本の粉食文化が大きく発展したことは言うまでもありません。この碑は、博多の地における聖一国師の偉業を後世へと伝えるものです。

御饅頭所の碑.png

御饅頭所の碑

仁治2年(1241年)、中国の宋より帰国した聖一国師が、ある日、禅の布教に出向いた先でとある茶店に立ち寄ったところ、茶店の主人に心づくしの歓待を受けました。それに喜んだ聖一国師は、南宋から持ち帰った饅頭の製法を教え、「御慢頭所」の看板まで書き与えました。これにより、博多の地が饅頭発祥の地とされています。看板は現存し、東京の「虎屋 」が所蔵。その古い複製が博多松屋に伝えられています。

満田彌三右衛門の碑.png

満田彌三右衛門の碑

鎌倉時代の嘉禎元年(1235年)、聖一国師とともに中国・宋に渡った彌三右衛門は、6年後の仁治2年(1241年)、織物・じゃこう・素麺・箔・朱の製法を日本に持ち帰りました。これらの製法は博多の人々に広く伝えられましたが、その中の織物技術のみ家伝とされ、その後、独自の技法を加えながら現代に伝わっているのが「博多織」です。この名称は、江戸時代の福岡藩初代藩主・黒田長政が、幕府への献上品としたことから、『献上・博多織』と呼ばれるようになりました。

ちなみに、現在は車が通ることができない承天寺通り。お庭にある綺麗な遊歩道のイメージですが、こうなるまでにはこんな歴史があります。

かつては承天寺を分断するように車道が敷設されていましたが、博多の歴史的に重要なこの一角を保全しようと再整備を行い、それに合わせて『博多千年門』が建立されました。

この門には太宰府天満宮の樹齢千年と言われる楠を用い、また門の表には菅原道真の子孫が筆で書いた「博多千年」の額が掲げられています。

博多千年の門.png
博多千年の書.png

それから、饂飩・蕎麦・饅頭発祥の碑の奥には珍しい枯山水があるのですが、今回はちょうど法要が営まれており、見学は叶いませんでした。

※普段はガイドさんに頼めば少し見学できるそうです。

枯山水の庭は『洗涛庭』といい、向かって右手のお堂は日本を、左手の庭は中国を、砂の荒々しい波模様は玄界灘を表しているといいます。

承天寺の枯山水 (1).png
承天寺の枯山水 (2).png
承天寺の枯山水 (3).png

歴史があまり得意ではない私には、脳のキャパシティがオーバーしそうでしたが(笑)、いろいろなもののルーツに触れることができ、とても興味深いスポットでした!

それでは今回はこのあたりで(^^)

この記事を書いた人

コンサルタント 
植田 将嗣

バックナンバー

その他

2022.12.02

【定点観測】福岡県の有効求人倍率-2022年10月、7ヶ月連続上昇の1.24倍

リージョナルキャリア福岡のコンサルタント、植田です。毎月定点観測している福岡県の有効求人倍率ですが、2022年10月の調査結果が発表されましたので今回も詳しく見てみたいと思います。 2022年10月の福岡県の求人倍率は「1.24倍」 直近6ヶ月連続で上昇していた福岡県の有効求人倍率ですが、2022年

その他

2022.11.13

【福岡散策ルポ】秋晴れが心地良い大濠公園をぶらり

リージョナルキャリア福岡のコンサルタント、植田です。ちょっとだけ秋になってきた大濠公園周辺を久々に歩いてみました。 いつもは何気なく通っていましたが、あの黒田官兵衛が隠居した跡地をチェック。 これまで、まじまじと見ることがなかった大濠公園と舞鶴公園の地図も。この近くに住んでたら、大濠公園を朝走ってみ

その他

2022.11.01

【定点観測】福岡県の有効求人倍率-2022年9月、6ヶ月連続上昇の1.22倍

リージョナルキャリア福岡のコンサルタント、植田です。毎月定点観測している福岡県の有効求人倍率ですが、2022年9月の調査結果が発表されましたので今回も詳しく見てみたいと思います。 2022年9月の福岡県の求人倍率は「1.22倍」 先月、2020年4月以来の1.2倍台に乗った福岡県の有効求人倍率ですが

その他

2022.10.21

それでも東京で暮らす?U・Iターン転職コンサルタントが心から伝えたい「福岡移住」のススメ

リージョナルキャリア福岡のコンサルタント、植田です。やっと朝晩の気温が下がって、秋本番という気候になってきましたね。 博多口を出るとイルミネーションの準備も進んでいて、だんだんとそれっぽい雰囲気になってきています。 さて今回は、福岡への移住を思いっきりお勧めする記事を書いてみたいと思います。 仕事柄

グルメ

2022.10.06

噂のハンカレー!中洲川端の老舗『バークレー』でハンバーグカレーに舌鼓

リージョナルキャリア福岡のコンサルタント、植田です。すっかり気候も秋らしくなり、仕事の合間の"街ブラ"も捗る今日このごろです(笑) さて今回は、久しぶりに「グルメ」ネタをお届けしたいと思います! 早速、中洲川端を散策。綺麗な明治通りをバス停「川端町・博多座前」あたりまで歩くと、バス停を背にして右側に

他の記事を検索する

検索

ページトップへ戻る